CATEGORY 「こ」で始まる四字熟語

「こ」で始まる四字熟語

黄道吉日【こうどうきちにち】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 黄道吉日 【読み方】 こうどうきちにち 【意味】 日がらのよい日。吉日。 【語源・由来】 「黄道」は地球から見て、太陽が地球を中心に運行するように見える軌道を表す大きな円のこと。陰陽道の言葉で、全てがうまく…

「こ」で始まる四字熟語

向天吐唾【こうてんとだ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 向天吐唾 【読み方】 こうてんとだ 【意味】 他人に害を加えようとして、逆に自分がその害を受けることになること。天に向かってつばを吐けば、そのつばは自分の顔に落ちてくるということ。「天に向かって唾を吐く」と…

「こ」で始まる四字熟語

孝悌忠信【こうていちゅうしん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 孝悌忠信 【読み方】 こうていちゅうしん 【意味】 真心を尽くして、目上の人によく仕えること。 【語源・由来】 儒教の四つの徳目より。「孝悌」は父母や目上の人によく仕えること。「忠信」は真心を尽くし、人を欺…

「こ」で始まる四字熟語

口中雌黄【こうちゅうのしおう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 口中雌黄 【読み方】 こうちゅうのしおう 【意味】 一度口にしたことをすぐに取り消して訂正するたとえ。転じてでまかせをいうこと。 【語源・由来】 『晋書』「王衍伝」より。「雌黄」は黄色の顔料のこと。昔の中国…

「こ」で始まる四字熟語

黄中内潤【こうちゅうないじゅん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 黄中内潤 【読み方】 こうちゅうないじゅん 【意味】 才能や徳を表に出さず、内に秘めていること。 【語源・由来】 『魏書』「高允伝」より。「黄」は五色(青、赤、黄、白、黒)の真ん中にあることから、中央を表す…

「こ」で始まる四字熟語

高談雄弁【こうだんゆうべん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 高談雄弁 【読み方】 こうだんゆうべん 【意味】 声高に談論すること。とうとうと議論すること。 【語源・由来】 杜甫「飲中八仙歌」より。「高談」は盛んに談論をすること。「雄弁」は力強く説得力のある弁舌のこと…

「こ」で始まる四字熟語

高談闊歩【こうだんかっぽ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 高談闊歩 【読み方】 こうだんかっぽ 【意味】 自由に議論して、大股に歩くこと。気ままなさま。 【語源・由来】 「高談」は盛んに談論すること。「闊歩」は大股に歩く、自由に歩くという意味から、自由で得意な様子…

「こ」で始まる四字熟語

浩然之気【こうぜんのき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 浩然之気 【読み方】 こうぜんのき 【意味】 何ものにもとらわれないのびのびとした気持ち。 【語源・由来】 『孟子』「公孫丑・上」より。 天地に満ちている大きく強い気の意味で、行いが道義にかなっていれば、自…

「こ」で始まる四字熟語

恍然大悟【こうぜんたいご】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 恍然大悟 【読み方】 こうぜんたいご 【意味】 思い定まらないでいるときに、一瞬のひらめきから悟りを得ること。 【語源・由来】 「恍然」は、我を忘れてうっとりするさま。「大悟」は、仏教用語で煩悩を去り、真理…

「こ」で始まる四字熟語

考績幽明【こうせきゆうめい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 考績幽明 【読み方】 こうせきゆうめい 【意味】 成績を調べて賢明な者を進め、暗愚なものを退けること。 【語源・由来】 「書経」舜典より。「考績」は官吏の成績を調べることで、考課の意味。「幽明」は暗愚と賢明…

「こ」で始まる四字熟語

孔席墨突【こうせきぼくとつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 孔席墨突 【読み方】 こうせきぼくとつ 【意味】 物事に忙しく奔走して休む暇のないたとえ。「孔席暖まらず墨突黔まず」を略した言葉。 【語源・由来】 「文選」班固「答賓戯」より。「孔」は儒家の孔子。「席」は座…

「こ」で始まる四字熟語

荒瘠斥鹵【こうせきせきろ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 荒瘠斥鹵 【読み方】 こうせきせきろ 【意味】 土地が荒れやせていること。 【語源・理由】 蘇軾「答張文潜県丞書」より。「荒瘠」は土地が痩せていて、荒れていること。「斥」は干潟のこと。「鹵」は塩。塩分が含ま…

「こ」で始まる四字熟語

功成名遂【こうせいめいすい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 功成名遂 【読み方】 こうせいめいすい 【意味】 りっぱな業績をあげて、世間から高い評価を受けること。「功成り名を遂ぐ」の形で用いることが多い言葉。 【語源・由来】 「老子」九章より。 【スポンサーリンク】…

「こ」で始まる四字熟語

曠世之才【こうせいのさい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 曠世之才 【読み方】 こうせいのさい 【意味】 この世に比類のないすぐれた才能。 【語源・由来】 「曠世」は比較できるものがないという意味。 【類義語】 ・曠世之度(こうせいのど) 【スポンサーリンク】 曠…

「こ」で始まる四字熟語

鉤心闘角【こうしんとうかく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 鉤心闘角 【読み方】 こうしんとうかく 【意味】 建物が高く並び立ち、びっしりと密集している形容。鉤形にそりかえった屋根が中心に集まり、角のような軒先が隣と争っているようなさま。また、注意して心を配ることの…

「こ」で始まる四字熟語

嚆矢濫觴【こうしらんしょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 嚆矢濫觴 【読み方】 こうしらんしょう 【意味】 物事のはじまり、おこり。 【語源・由来】 「嚆矢」は戦争の開始の合図に敵陣を射る、音の鳴る矢、かぶら矢のこと。 「濫觴」はさかずき一杯が溢れる程度のわずかな…

「こ」で始まる四字熟語

口耳四寸【こうじよんすん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 口耳四寸 【読み方】 こうじよんすん 【意味】 聞いたことの意味を考えることをせずに、そのまま人に伝えるだけの役に立たない学問のこと。 【語源・由来】 「荀子」観学より。「寸」は長さの単位のこと。耳から入っ…

「こ」で始まる四字熟語

苟且偸安【こうしょとうあん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 苟且偸安 【読み方】 こうしょとうあん 【意味】 将来のことを考えず、一時の楽に逃げること。 【語源・由来】 「漢書」宣帝紀、「史記」始皇紀より。「苟」と「且」はどちらもいい加減に物事を扱うこと。「偸安」は…

「こ」で始まる四字熟語

攻城野戦【こうじょうやせん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 攻城野戦 【読み方】 こうじょうやせん 【意味】 野原や平地で戦闘をして、城を攻めること。最前線で奮闘すること。 【語源・由来】 「史記」廉頗藺如伝より。「攻城」は城を攻めること。「野戦」は野外で戦うこと。…

「こ」で始まる四字熟語

向上機縁【こうじょうのきえん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 向上機縁 【読み方】 こうじょうのきえん 【意味】 昇天することの出来る機会のこと。 【語源・由来】 「桃花扇」入道より。「向上」は天に向かうという意味から、昇天するという意味。「機縁」は機会という意味。 …

「こ」で始まる四字熟語

黄裳元吉【こうしょうげんきつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 黄裳元吉 【読み方】 こうしょうげんきつ 【意味】 忠義を尽くす家臣が主家に仕えると、必ずよい結果をもたらすということ。 【語源・由来】 「易経」坤卦より。易経の言葉で、「黄裳」は黄色のもすそのことで、「黄…

「こ」で始まる四字熟語

鉤章棘句【こうしょうきょくく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 鉤章棘句 【読み方】 こうしょうきょくく 【意味】 ひどく読みにくい文章のこと。または、奇怪で難しい文章のこと。 【語源・由来】 韓愈「貞曜先生墓誌銘」より。「鉤章」の「鉤」は釣り針のことで、釣り針のように…

「こ」で始まる四字熟語

鉤縄規矩【こうじょうきく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 鉤縄規矩 【読み方】 こうじょうきく 【意味】 物事や行為の標準・基準になるもののこと。物事の手本。 きまりのこと。 【語源・由来】 「荘子」駢拇より。「鉤」は曲線を引く時に使う道具。「縄」は直線を引く時に…

「こ」で始まる四字熟語

口耳之学【こうじのがく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 口耳之学 【読み方】 こうじのがく 【意味】 底の浅い学問や知識のこと。 【語源・由来】 「荀子」観学より。聞いたことの意味をよく考えることもせず、そのまま人に伝えるだけの浅い学問という意味から。 【類義語…

「こ」で始まる四字熟語

曠日弥久【こうじつびきゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 曠日弥久 【読み方】 こうじつびきゅう 【意味】 長い期間なにもせずに、無駄な日々を過ごすこと。または、意図的に時間を無駄にして、事を長引かせること。 【語源・由来】 「戦国策」燕策より。「曠日」は何もせず…

「こ」で始まる四字熟語

好事多魔【こうじたま】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 好事多魔 【読み方】 こうじたま 【意味】 よい出来事には邪魔が入ることが多いということ。 【語源・由来】 「西廂記」一より。「魔」は邪魔や災難、災いのこと。男女の交際などで邪魔が入ったり、もめごとが起きた…

「こ」で始まる四字熟語

行尸走肉【こうしそうにく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 行尸走肉 【読み方】 こうしそうにく 【意味】 知識や才能がなく、存在していても全く役に立たない人のこと。 【語源・由来】 「拾遺記」六より。「尸」は死体のこと。歩く死体と走る肉という意味で、どちらも魂のな…

「こ」で始まる四字熟語

口耳講説【こうじこうせつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 口耳講説 【読み方】 こうじこうせつ 【意味】 人から聞いた話を理解することなく、そのまま人に話すこと。受け売り。 【語源・由来】 「伝習録」上より。耳から入ってきたものをそのまま口から出すという意味から。…

「こ」で始まる四字熟語

高山流水【こうざんりゅうすい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 高山流水 【読み方】 こうざんりゅうすい 【意味】 素晴らしい演奏、音楽のたとえ。または、自分のことを本当にわかってもらえる親友のこと。または、けがれのない澄んだ自然のこと。 【語源・由来】 「列子」湯問よ…

「こ」で始まる四字熟語

高山景行【こうざんけいこう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 高山景行 【読み方】 こうざんけいこう 【意味】 徳が高く、素晴らしい人のたとえ。 【語源・由来】 「詩経」小雅より。人々が上を向いて見る高い山と、人々の規範となる大きな道という意味で、素晴らしい人格の人を…

「こ」で始まる四字熟語

光彩陸離【こうさいりくり】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 光彩陸離 【読み方】 こうさいりくり 【意味】 きらびやかな光がまともに見られないほど美しく輝く様子。または、物事が、他を圧してすばらしい様子。 【語源・由来】 「光彩」は美しい光や鮮やかな彩りのこと。「陸…

「こ」で始まる四字熟語

幸災楽禍【こうさいらくか】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 幸災楽禍 【読み方】 こうさいらくか 【意味】 他人の不幸を見て楽しみ喜ぶこと。 【語源・由来】 「春秋左氏伝」僖公一四年、「春秋左氏伝」荘公二十年より。「幸災」は自分以外の人が不幸になることを喜ぶこと。「…

「こ」で始まる四字熟語

光彩奪目【こうさいだつもく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 光彩奪目 【読み方】 こうさいだつもく 【意味】 とても鮮やかで、目を見開いてみとれるほど美しいこと。 【語源・由来】 「奪目」は目を奪うという意味から、見とれさせること。 【類義語】 ・光彩陸離(こうさい…

「こ」で始まる四字熟語

鴻鵠之志【こうこくのこころざし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 鴻鵠之志 【読み方】 こうこくのこころざし 【意味】 非常に大きな目標。大志。 【語源・由来】 「史記」陳渉世家より。「鴻」はおおとり、「鵠」はくぐいのことで、白鳥の古名。どちらも大きな鳥のことで、英雄や豪…

「こ」で始まる四字熟語

膏肓之疾【こうこうのしつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 膏肓之疾 【読み方】 こうこうのしつ 【意味】 決して治ることのない病や、治すのが難しい病のこと。または、物事に夢中になりすぎて、やめられないこと。 【語源・由来】 「春秋左氏伝」成公一○年より。「膏」は心…

「こ」で始まる四字熟語

恍恍惚惚【こうこうこつこつ】 の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 恍恍惚惚 【読み方】 こうこうこつこつ 【意味】 心が強く引き付けられて、うっとりとする様子。 【語源・由来】 心を奪われてうっとりするという意味の「恍惚」という言葉を重ねて強調した言葉。 恍恍惚惚(こうこ…

「こ」で始まる四字熟語

槁項黄馘【こうこうこうかく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 槁項黄馘 【読み方】 こうこうこうかく 【意味】 ひどくやつれて、やせ細っている様子。 【語源・由来】 「荘子」列禦寇より。「槁項」はやつれて細くなった首筋、「黄馘」は疲労で黄色くなった顔で、非常にやつれた…

「こ」で始まる四字熟語

巧言乱徳【こうげんらんとく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 巧言乱徳 【読み方】 こうげんらんとく 【意味】 口先だけの奇麗事を言うことは、人の心を惑わし、徳を乱すことになるという意味。 【語源・由来】 「論語」衛霊公より。「巧言」は相手に気に入られるように飾った言…

「こ」で始まる四字熟語

黄絹幼婦【こうけんようふ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 黄絹幼婦 【読み方】 こうけんようふ 【意味】 ①二人の判断が完全に同じになること。 ②物事を正確に理解すること。 ③「絶妙」という言葉の隠語。 ④素晴らしい文章のたとえ。 【語源・由来】 「世説新語」捷悟…

「こ」で始まる四字熟語

高軒寵過【こうけんちょうか】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 高軒寵過 【読み方】 こうけんちょうか 【意味】 身分の高い人が訪ねてくること。 【語源・由来】 「新唐書」李賀伝より。「高軒」は他人の車の敬称で、立派な車という意味。「寵過」は名誉ある来訪という意味。中唐…

「こ」で始まる四字熟語

皓月千里【こうげつせんり】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 皓月千里 【読み方】 こうげつせんり 【意味】 遠くの場所まで月の光が照らしている様子。 【語源・由来】 笵仲淹「岳陽楼記」より。「皓月」は明るく白い月。「千里」は非常に長い距離のこと。 皓月千里(こうげつ…

「こ」で始まる四字熟語

高下在心【こうげざいしん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 高下在心 【読み方】 こうげざいしん 【意味】 普段からの心構え次第で、物事がうまくいくかどうかが決まること。または、人事や賞罰を与える権利を一人で握っていて、考え次第で好き勝手にすること。 【語源・由来】…

「こ」で始まる四字熟語

敲金撃石【こうきんげきせき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 敲金撃石 【読み方】 こうきんげきせき 【意味】 「金を敲き石を撃つ」とも読み、詩文の響きや韻律が美しいことのたとえ。 【語源・由来】 韓愈「代張籍与李浙東書」より。「敲金」は鐘などの金属の打楽器を敲くこと…

「こ」で始まる四字熟語

綱挙網疏【こうきょもうそ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 綱挙網疏 【読み方】 こうきょもうそ 【意味】 細かいことにこだわらずに、根本をつかむことに力を入れること。または、巨悪の根源を挙げるために、小さな悪を許し見逃すこと。 【語源・由来】 「晋書」劉頌伝より。…

「こ」で始まる四字熟語

巧偽拙誠【こうぎせっせい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 巧偽拙誠 【読み方】 こうぎせっせい 【意味】 どんなにうまく騙すことができても、それは下手ではあるが誠意のこもった言動には適わないということ。また、巧みな偽りよりも、拙い誠実さのほうが良いということ。 【…