魚鱗鶴翼【ぎょりんかくよく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
魚鱗鶴翼

【読み方】
ぎょりんかくよく

【意味】
中央が突出した、魚の鱗のような形の陣形と、左右に長く広げて敵を包囲しようとする鶴が翼を広げたようにみえる形の陣形のこと。

【語源・由来】
「帝範」序より。「魚鱗」、「鶴翼」どちらも兵法の八陣の一つで、「魚鱗之陣」と「鶴翼之陣」のこと。


魚鱗鶴翼(ぎょりんかくよく)の使い方

健太
魚鱗鶴翼って知っている?
ともこ
うん。武田信玄に仕えた山本勘助が、中国から伝わった八陣図を改良して、「魚鱗・鶴翼・偃月・鋒矢・方円・長蛇・衝軛・雁行」の八陣を考案したのよね。その中の二つよね。
健太
そうそう。武田八陣形!よく知っているね。
ともこ
大河ドラマで見たのよ。

魚鱗鶴翼(ぎょりんかくよく)の例文

  1. 今日のサッカーの試合は、魚鱗鶴翼で攻めていこうと思います。
  2. 魚鱗鶴翼といえば、三方ヶ原の戦いでは、徳川家康が鶴翼の陣で、武田信玄は魚鱗の陣で迎え撃ちました。
  3. 接客にも魚鱗鶴翼の戦略が使えるとそうで、例えば商品が少ない店は「魚隣の陣」、入口に重点的に力を入れることで集客できるのだそうです。
  4. 魚鱗鶴翼というように、大名は陣形を敷いて戦いましたが、結局混戦となり、陣形などあってないようなものでした。
  5. 魚鱗鶴翼というけれど、「魚鱗」と「鶴翼」の陣ではどちらが最強なのでしょうね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事