柯会之盟【かかいのめい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
柯会之盟

【読み方】
かかいのめい

日本漢字能力検定
1級

【意味】
約束したことを成し遂げ、信義を守り抜いて信頼を得ること。「柯」は中国の地名。「柯盟」と略して使うこともある。

【語源・由来】
「史記」斉世家より。中国の春秋時代、斉の桓公は魯の荘公と柯で会合して、侵略して得た土地を返すという約束をして、信義を守って約束を果たして信頼を得たという故事から。


柯会之盟(かかいのめい)の使い方

健太
ともこちゃーん。絶対約束を守るからその本を貸してくれないかな?
ともこ
いやよ。健太くんはいつも約束を破って返すのを忘れるんだもの。柯会之盟を心がけるべきだと思うわ。
健太
これからは気を付けるから!
ともこ
約束を守ることが出来るようになったら貸すわ。それまでお預けよ。

柯会之盟(かかいのめい)の例文

  1. 柯会之盟、彼は締め切りを常に守るので編集者に信頼されています。
  2. 柯会之盟、ともこちゃんは先生との約束を破ったことが無いので、先生からの信頼が厚いです。
  3. 柯会之盟、健太くんはいつも約束を守るので、ちゃんと世話をするから犬を飼いたいと言ったときも信用して許可してもらえました。
  4. 柯会之盟、彼は嘘をつかない誠実な人なので、必ず約束したことを成し遂げてくれます。
  5. 柯会之盟、彼女は約束を守る人なので、彼女なら貸してあげてもいいと思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事