「ことわざ・慣用句」のLINEスタンプ発売中♪

出典:滄浪詩話(そうろうしわ)

1230年代に書かれた南宋の詩論書で、宋以降盛んになった「詩話」としては最もその名を知られる。著者は邵武軍邵武県の人の厳羽。字は儀卿。書名はその号である「滄浪逋客」にちなむ。 本書は詩弁・詩体・詩法・詩評・考証の五篇から成り、非常に整然とした体系性を持っている。