「ことわざ・慣用句」のLINEスタンプ発売中♪

出典:荊浩(けいこう)

中国唐末・五代後梁の山水画家である。字は浩然。孟州済源県の出身。華北山水の祖とされる。中原の混乱を避け、太行山中の洪谷山に隠れ住んだといわれる。唐代において発展を遂げた、華北の呉道玄の筆線と、江南の項容の水墨による山水画表現を統合し、以降の華北山水画隆盛の基礎を作り上げたと考えられる。