CATEGORY 出典:王維(おうい)

王維は、中国唐朝の最盛期である盛唐の高級官僚で、時代を代表する詩人。また、画家・書家・音楽家としての名も馳せた。字は摩詰、最晩年の官職が尚書右丞であったことから王右丞とも呼ばれる。

「り」で始まる四字熟語

柳暗花明【りゅうあんかめい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 柳暗花明 【読み方】 りゅうあんかめい 【意味】 春の野の美しい景色のこと。また、花柳界・遊里のこと。また、新しい展開が開ける意にも用いる場合もある。 【語源・由来】 「柳暗」は柳がほの暗く茂ること。「花明…

「と」で始まる四字熟語

桃紅柳緑【とうこうりゅうりょく】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 桃紅柳緑 【読み方】 とうこうりゅうりょく 【意味】 紅いの桃の花と緑あざやかな柳におおわれた春景色の美しさのこと。 【典拠・出典】 王維「洛陽女児行」 【類義語】 ・鳥語花香(ちょうごかこう) ・柳暗花明…

「こ」で始まる四字熟語

孤城落日【こじょうらくじつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語・英語訳)

【四字熟語】 孤城落日 【読み方】 こじょうらくじつ 【意味】 勢いが衰えてきて助けもなく心細いさま。孤立して援軍のない城が、沈もうとする夕日に照らされている光景のこと。 【語源・由来】 孤城落日の「孤城」とは孤立し…

「い」で始まる四字熟語

一牛鳴地【いちぎゅうめいち】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 一牛鳴地 【読み方】 いちぎゅうめいち 【意味】 とても近い距離にあること。また、のどかな田園風景の形容。 【語源・由来】 「牛鳴」は牛の鳴く声。牛の鳴く声が聞こえる範囲の近い土地という意味。「一牛鳴」と訳…