計日程功【けいじつていこう】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
計日程功

【読み方】
けいじつていこう

【意味】
日数を経ないうちに完成すること。進捗状況が順調なため、完成の日を指折り数えることができるというたとえ。


計日程功(けいじつていこう)の使い方

健太
先生が、ともこちゃんのことをほめていたよ。
ともこ
何て言ってたの?
健太
ともこちゃんに仕事をお願いすると、計日程功してくれるから助かるって。これからも全部とこもちゃんにまかせたいって。
ともこ
ええーっ。褒められるのはうれしいけど、まだ仕事を私にふろうとしているの。

計日程功(けいじつていこう)の例文

  1. 健太くんは、週刊漫画誌の人気作家だが、計日程功、締め切りに遅れたことが一度もない。
  2. ともこちゃんは、計日程功し、期日に余裕をもって完成させてくれるので、安心して担当をしていられる。
  3. 健太くんは、計日程功という言葉を知らないのではないかと思うくらい、締め切りを守らない。
  4. 計日程功しないと、信頼を失い、次の仕事をもらえない。
  5. 締め切りは破るためにあると思っている健太くんに、ぜひとも計日程功してほしい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事