用行舎蔵【ようこうしゃぞう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
用行舎蔵

「用舎行蔵」ともいう。

【読み方】
ようこうしゃぞう

「用いらるれば行い舎てらるれば蔵る」とも読む。
日本漢字能力検定
5級

【意味】
出処進退をわきまえていること。君主に認められれば世に出て仕事を行い、捨てられれば引退して静かに暮らすこと。孔子が処世の基本的立場を述べた語。

【語源・由来】
『論語』「述而」より。「之を用いれば則ち行い、之を舎つれば則ち蔵る」とある。

【類義語】
・出処進退(しゅっしょしんたい)


用行舎蔵(ようこうしゃぞう)の使い方

健太
あの女優さんは用行舎蔵をわきまえていたよね。
ともこ
そうね。時代に求められているときは表舞台に出て、不要だと感じると舞台を降りて、潔いわよね。
健太
あの潔さが長く愛される秘訣なんだろうね。
ともこ
事務所のごり押しだ!とか批判されたらお終いよね。

用行舎蔵(ようこうしゃぞう)の例文

  1. 目立ちたがり屋のタレント政治家ではなく、用行舎蔵をわきまえているあの人に投票しよう。
  2. ともこちゃんは用行舎蔵をわきまえて、求められれば生徒会役員として尽力しました。
  3. ちびまる子ちゃんの丸尾君は用行舎蔵をわきまえるべきです。
  4. 用行舎蔵をわきまえている健太くんは、あっさり退職しました。
  5. ともこちゃんは用行舎蔵をわきまえているスーパー派遣社員です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事