CATEGORY 四字熟語一覧の意味と使い方の例文

「こ」で始まる四字熟語

懇到切至【こんとうせっし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 懇到切至 【読み方】 こんとうせっし 【意味】 ねんごろに真心から親切を尽くすこと。真心を尽くし、十分に言い聞かせること。 【語源・由来】 『言志録』より。「懇到」と「切至」はともにねんごろで十分に行き届く…

「こ」で始まる四字熟語

叩頭三拝【こうとうさんぱい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 叩頭三拝 【読み方】 こうとうさんぱい 【意味】 敬意や謝意が非常に強いこと。 【語源・由来】 「叩頭」とは、頭を地につけてお辞儀をすること。「三拝」は、三度拝礼すること。また、何回も繰り返して拝礼すること…

「け」で始まる四字熟語

経国大業【けいこくのたいぎょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 経国大業 【読み方】 けいこくのたいぎょう 【意味】 国家を安定して治めるための大きな仕事のこと。または、立派な文章のこと。 【語源・由来】 『文選』曹丕「典論」より。「経国」は国家を治めること。「大業」は…

「か」で始まる四字熟語

感恩報謝【かんおんほうしゃ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 感恩報謝 【読み方】 かんおんほうしゃ 【意味】 恩を感じた人に最高の礼をもって報いるということ。「感謝」の語源になった言葉。 【語源・由来】 「感恩」とは、うけた恩をありがたく思うこと。「報謝」とは、恩に…

「い」で始まる四字熟語

陰徳恩賜【いんとくおんし】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 陰徳恩賜 【読み方】 いんとくおんし 【意味】 人知れず善行に励む人には、必ずよい報いがあるということ。 【語源・由来】 「陰徳」は人に知られない隠れた善行のこと。「恩賜」はありがたい恩恵のこと。 【スポン…