三跪九叩【さんききゅうこう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
三跪九叩

【読み方】
さんききゅうこう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
清朝の敬礼法。 三度ひざまずき、九度頭を地につけて拝礼することをいう。

【類義語】
・三跪九拝(さんききゅうはい)
・三拝九叩(さんぱいきゅうこう)


三跪九叩(さんききゅうこう)の使い方

健太
琉球王国の人は、清朝の臣下であることを示すために、三跪九叩をして清朝の勅使を出迎えていたんだって。
ともこ
へえ。頭を地面に打ち付けるんでしょう?痛そうね。
健太
へりくだりすぎだよね。
ともこ
それだけ清という国が強大だったってことでしょうね。

三跪九叩(さんききゅうこう)の例文

  1. 三跪九叩の礼を拒否したため、皇帝との謁見はかないませんでした。
  2. 朝鮮の王は、三跪九叩を行って、皇帝に許しを請いましたが、拒絶されました。
  3. 清の国から三跪九叩をするよう求められ、プライドが高い健太くんはそれを拒否し、清に攻め込まれました。
  4. イギリスの外交官マカートニーは、乾隆帝に三跪九叩の礼を要求されたけれども、イギリス流の儀礼を押し通し、乾隆帝に拒絶されました。
  5. 大使であった副島種臣氏は、皇帝に謁見した際に三跪九叩の礼をせず立礼で通した強者です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事