虎擲竜挐【こてきりょうだ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
虎擲竜挐

【読み方】
こてきりょうだ

「こてきりゅうだ」とも読む。
日本漢字能力検定
1級

【意味】
英雄が戦うたとえ。

【語源・由来】
李献能の詩より。虎と竜が激しく撃ちあうという意味。「擲」はなげうつ、撃つという意味。「挐」はつかむ、乱れ混じること。

【類義語】
・竜挐虎擲(りょうだこてき)
・竜攘虎搏(りゅうじょうこはく)
・竜虎相搏(りゅうこそうはく)


虎擲竜挐(こてきりょうだ)の使い方

ともこ
健太くん。今日の空手の大会はすごかったわね。まるで虎擲竜挐だったわ。
健太
激しく熱い戦いになったよね。
ともこ
どっちが勝ってもおかしくないくらい強かったわね。
健太
うん。僕が勝てたのは運が良かったんだよ。

虎擲竜挐(こてきりょうだ)の例文

  1. その決闘は虎擲竜挐で、魂のぶつかり合いのように激しい戦いでした。
  2. 全国に名をはせる強豪がそろっているので、決勝戦はまさに虎擲竜挐というべき試合となります。
  3. 健太くんが出場している試合は、虎擲竜挐、強者と強者のぶつかり合いで、接戦となりました。
  4. この試合は、虎擲竜挐というように、どちらも強く力が互角だから、あとは精神力の問題だ。
  5. 虎擲竜挐というような試合でとても見ごたえがあり、試合終了後も興奮がなかなかさめませんでした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事