鑿歯尺牘【さくしせきとく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
鑿歯尺牘

【読み方】
さくしせきとく

日本漢字能力検定
1級

【意味】
晋の習鑿歯は、手紙で議論するのにすぐれていた。

【語源・由来】
『晋書』「習鑿歯伝」より。「鑿歯」は晋の習鑿歯のこと。「尺牘」は手紙のこと。晋の習鑿歯は若いときから文章にすぐれていたが、特に手紙の中での議論に長じていたので、桓温は彼を器量あるものとして待遇したという故事から。


鑿歯尺牘(さくしせきとく)の使い方

ともこ
健太くん眠そうね。
健太
昨日、遠くに住む友達とメールで議論になったんだ。彼は鑿歯尺牘だから、反論するのがとても大変で、議論に決着をつけるまでに夜遅くまでかかってしまったんだ。
ともこ
決着はついたのね。
健太
うん。僕の完敗だよ。

鑿歯尺牘(さくしせきとく)の例文

  1. 健太くんは鑿歯尺牘だけれども、対面での議論も得意ですよ。
  2. ともこちゃんとはよくLINEで議論をするんだけど、彼女は鑿歯尺牘だからかなわないんだ。
  3. 鑿歯尺牘である健太くんを論破するなんて僕には無理ですよ。
  4. 健太くんは鑿歯尺牘だから敵に回したくないんだよね。
  5. 健太くんは鑿歯尺牘なのでメールを送りたくないんだけど、仕事だからしょうがない、がんばってみよう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事