雄心勃勃【ゆうしんぼつぼつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
雄心勃勃

【読み方】
ゆうしんぼつぼつ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
雄々しい勇気がふつふつと湧いてくること。

【語源・由来】
「雄心」は雄々しい心、勇ましいたましい。「勃勃」は気力が盛んにおこるさま。

【類義語】
・勇気勃勃(ゆうきぼつぼつ)


雄心勃勃(ゆうしんぼつぼつ)の使い方

ともこ
健太くん。大逆転劇だったわね。かっこよかったわ。
健太
そう?ともこちゃんのおかげだよ。相手選手が弁慶みたいで、正直びびっていたんだけど、ともこちゃんの声援が聞こえて雄心勃勃としてきたんだよ。
ともこ
私の声が届いたのね。
健太
うん。あんな大きな声、届かないわけがないじゃないか。

雄心勃勃(ゆうしんぼつぼつ)の例文

  1. 困っている人の姿を見ていたら、雄心勃勃として、この人たちのために行動を起こす勇気が湧きました。
  2. ともこちゃんにもらったお守りを握っていると、雄心勃勃となります。
  3. 先生に背中を押してもらったので雄心勃勃、怖いものは何もない。
  4. 雄心勃勃としてきた今、躊躇する気持ちは全くないです。
  5. 国のためと思ったら、戦うことを怖いと思う気持ちは消え、雄心勃勃としてきました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事



四字熟語の逆引き検索