中秋玩月【ちゅうしゅうがんげつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語).

【四字熟語】
中秋玩月

「仲秋翫月」とも書く。

【読み方】
ちゅうしゅうがんげつ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
仲秋の夜に雅な月見の宴会を催すこと。

【語源・由来】
「中秋」は仲秋に同じで陰暦八月の称。また狭義として八月十五日のこと。「玩月」は月をめでること。

【類義語】
・中秋名月(ちゅうしゅうのめいげつ)


中秋玩月(ちゅうしゅうがんげつ)の使い方

ともこ
健太くん。15日は予定は空いているの?
健太
うん。予定はなくて暇だよ。その日に何かあるの?
ともこ
私の家で中秋玩月をするつもりなのよ。
健太
へえ。それはいいね。何があろうとも絶対に参加するよ。

中秋玩月(ちゅうしゅうがんげつ)の例文

  1. 都会ではビルの合間からしか見えませんが、中秋玩月を十分楽しむことができます。
  2. 今日はお団子を作って中秋玩月をするから、裏山に行ってすすきをとってきてちょうだい。
  3. 今日は雨だから、残念ながら中秋玩月をすることはできません。
  4. せっかく庭が広い家を建てたんだから、大勢の人を呼んで中秋玩月をしようじゃないか。
  5. ヴァイオリンが得意なともこちゃんに、中秋玩月にふさわしい音楽を奏でてもらおう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事