中秋名月【ちゅうしゅうのめいげつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
中秋名月

「仲秋名月」とも書く。

【読み方】
ちゅうしゅうのめいげつ

日本漢字能力検定
5級

【意味】
陰暦八月十五日の夜の月。

【語源・由来】
「中秋」は陰暦八日の異称。


中秋名月(ちゅうしゅうのめいげつ)の使い方

ともこ
もうすぐ中秋名月ね。
健太
そうだね。去年は雨だったから、今年はきれいな満月を見ることができるといいね。
ともこ
あら。中秋名月は満月じゃない日のほうが多いのよ。
健太
そうなの?毎年、満月だと思って見ていたよ。

中秋名月(ちゅうしゅうのめいげつ)の例文

  1. 今年の中秋名月は晴れる予定で、雲一つない空で月を見ることができるでしょう。
  2. 満月は夏は低く冬は高くなるので、ちょうど見上げるのに適した高さの満月となる秋の真ん中の月を中秋名月といって尊ぶようになりました。
  3. 月も地球も動いているため、中秋名月といってもきれいな満月はほんの一瞬なんです。
  4. 中秋名月には実りを感謝するために、稲穂の代わりにすすきを供えたり、神様の依り代として供えたようです。
  5. 今日は中秋名月だから、たくさんの団子を作って供えておけば、月に住むウサギが食べにきてくれるかもしれない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事