断崖絶壁【だんがいぜっぺき】の意味と使い方の例文(語源・英語訳)

【四字熟語】
断崖絶壁

【読み方】
だんがいぜっぺき

【意味】
切り立ったがけ。非常に危機的な状況のたとえとして用いられることもある。

【語源・由来】
「断崖」「絶壁」はともに非常に険しいがけのこと。

【英語訳】
an overhanging cliff

cliffは「断崖」という意味の名詞。
英文例
その断崖絶壁はとても壮観だった。The overhanging cliff was magnificent.

断崖絶壁(だんがいぜっぺき)の使い方

ともこ
健太くん、思いっきり髪の毛を短く切ったわね
健太
寝てる間にやられちゃったんだよ。気がついたらこうなってたんだよ
ともこ
笑っちゃいけないけど、でも後ろ頭は断崖絶壁みたいになってるわよ
健太
もういいよ、一ヶ月もしたらわからなくなるよ、きっと

断崖絶壁(だんがいぜっぺき)の例文

  1. どうにも高所恐怖症で、これまでは近づいたことがなかったのだが、今回の旅行で初めて断崖絶壁から海をのぞきこんでみた。吸い込まれそうで怖かったが、とても美しかった。
  2. 今日、大学入試が終わった。両親から手応えはどうだったかと聞かれ、断崖絶壁を下から見上げている気分だと答えたら黙り込んでしまった。
  3. アメリカを旅行したら絶対行きたかったグランドキャニオンを、セスナで上空から見るツアーに参加した。その雄大な断崖絶壁を見ると、自然の偉大さをヒシヒシと感じる。
  4. 私は切り立った崖が大好きで、日本中の断崖絶壁を旅行してまわるのが趣味だ。今まで見たところは全部写真に撮ってコレクションにしている。
  5. 僕は空を飛ぶのが夢で、大きくなったらハングライダーで自由に飛んでみたい。そう思っているせいか、断崖絶壁から空へ飛び立つ夢をよく見る。

まとめ

「断崖」「絶壁」はともに非常に険しいがけのことから、断崖絶壁(だんがいぜっぺき)は、切り立ったがけを意味する言葉となりました。比喩として、非常に危機的な状況のたとえを表すこともあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事