平滑流暢【へいかつりゅうちょう】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
平滑流暢

【読み方】
へいかつりゅうちょう

【意味】
なめらかで、よどみがないさま。

「平滑」は平らでなめらかなさま。「流暢」は水などが滞ることなく流れるように、言葉がすらすら出て、よどみのないさま。

平滑流暢(へいかつりゅうちょう)の使い方

健太
さすがベテランの議員。平滑流暢な演説だったね。
ともこ
平滑流暢すぎて、原稿を丸暗記してきたみたいで心がこもっていなかったわよ。
健太
厳しいね。
ともこ
有権者として当然の姿勢よ。

平滑流暢(へいかつりゅうちょう)の例文

  1. 健太くんは、ネイティブスピーカーのように平滑流暢に英語を話す。
  2. ともこちゃんは、緊張を微塵も感じさせない平滑流暢な演説を披露した。
  3. 健太くんの取り調べ中の話し方は平滑流暢で、怪しい感じは全くなかったです。
  4. 健太くんは、落語の寿限無を平滑流暢に最後まで話せる。
  5. ともこちゃんのアナウンスは平滑流暢で聞き取りやすかった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事