風林火山【ふうりんかざん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
風林火山

【読み方】
ふうりんかざん

【意味】
時勢や情勢に合わせた対処の方法のこと。もとは軍を指揮するときの四つの心構えのこと。風のように速く行動して、林のように静かに機会を待ち、火のように激しく襲い掛かり、山のように動かずに構えるという意味。孫子の中の句を略した言葉で、武田信玄が旗印に使ったといわれている。

【語源・由来】
「孫子」軍争より。

【スポンサーリンク】

風林火山(ふうりんかざん)の使い方

ともこ
健太くん。相手のチームはなかなか手ごわいわね。
健太
そうだね。このままでは負けてしまうかもしれないよ。
ともこ
健太くん。風林火山よ。相手のチームの隙を林のように静かに窺いつつ、山のようにディフェンスに専念して、隙ができた瞬間に風のように素早く火のように激しく攻撃するのよ。
健太
なるほど。がんばってくるよ!

風林火山(ふうりんかざん)の例文

  1. 風林火山、やみくもに攻めずに待つことも大事です。
  2. 健太くんは、風林火山のように、神出鬼没です。
  3. 風林火山、無計画は危険なので、林のように静かに準備を整えましょう。
  4. 風林火山、機を見て風のように素早く健太くんにバレンタインチョコレートを渡しました。
  5. 風林火山、烈火のように全力で攻めるんだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事