過当競争【かとうきょうそう】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
過当競争

【読み方】
かとうきょうそう

【意味】
同業の企業が市場占有率を拡大しようとして起こる過度の競争状態。価格が引き下げられ、正常以下の利潤しか得られない。


過当競争(かとうきょうそう)の使い方

健太
ここ最近、この辺に美容院がたくさん増えたよね。
ともこ
そうね。少なくとも10メートルに一軒はあるわね。
健太
これって、過当競争だよね。でも、美容院ってつぶれないよね。
ともこ
確かにそうね。美を追求する女性がこの世の中からいなくならない限りは、美容院が減ることはないんじゃないかしら。

過当競争(かとうきょうそう)の例文

  1. 新聞業界が過当競争となっているため発行部数は伸び悩んでいます。
  2. 日本国内で弁護士が増えすぎて、過当競争が生まれてしまっているという報道がされていました。
  3. ここは、いたるところに同じような店が出来て、過当競争気味なので、私は違う町でお店を開こうと思います。
  4. 有名コーヒーチェーンが狭い間隔でたくさんあり、過当競争になっていて、利潤は高くないだろうと予想されます。
  5. コンビニ各社が出店抗戦をした結果、街中にコンビニが乱立し、過当競争になっています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事