旱天慈雨【かんてんじう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】
旱天慈雨

【読み方】
かんてんじう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
非常に困ったときに、もたらされる救いの手のたとえ。長い間待ち望んでいた物事が実現することのたとえ。

【語源・由来】
「旱天」は日照り。「慈雨」は恵みの雨。日照り続きの後に降る恵みの雨の意から。

【類義語】
・大旱慈雨(たいかんじう)

【英語訳】
welcome rain in miserable trouble

miserableは「悲惨な」という意味の形容詞。
英文例
それはまさに旱天慈雨だった。It was just welcome rain in miserable trouble.

旱天慈雨(かんてんじう)の使い方

ともこ
健太くん、頭をかかえてどうしたの?
健太
週末の算数のテストの勉強してるんだけど、なにがなんだかさっぱり理解できなくて
ともこ
あらまあ、わからないところ、私が教えてあげるわよ
健太
ともこちゃん、ありがとう!旱天慈雨だ、すごく助かるよ!

旱天慈雨(かんてんじう)の例文

  1. 我が社は技術力は日本でも有数なくらい優秀だと自負しているが、営業力が無く、なかなか売上につながっていなかった。そんな中、大手商社から営業協力の申し出があったのは、旱天慈雨だった。
  2. うちのチームは守備力、打撃力とも県内でもトップクラスなのだが、ピッチャーに恵まれていなかった。だから、今年入った新入部員の中に、中学で投手ナンバー1と評判だった彼がいたことは旱天慈雨だ。
  3. うちの学校は進学校としては県内でも有名だが、文武両道を唱える校長先生にとっては、スポーツ面を強化できないのが悩みの種だった。だから、今度赴任してきた先生が前の学校でスポーツ指導が優秀だったのは旱天慈雨だった。
  4. 資金繰りに困っていたうちの会社に、大手銀行が融資を決めてくれたのは、まさに旱天慈雨だ。
  5. いつも前向きに取り組んでいれば、困ったときにもきっと旱天慈雨が訪れてくれると信じている。

まとめ

「旱天」は日照り、「慈雨」は恵みの雨で、日照り続きの後に降る恵みの雨の意から、旱天慈雨(かんてんじう)は、非常に困ったときに、もたらされる救いの手のたとえとなりました。困ったときに旱天慈雨(かんてんじう)が訪れてくれるかどうかは運次第なところもありますが、日頃からの努力が旱天慈雨(かんてんじう)を呼び寄せることもあるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事