寒気凛冽【かんきりんれつ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
寒気凛冽

【読み方】
かんきりんれつ

【意味】
寒さの非常に厳しいこと。

【由来】
「凛冽」は氷に触れたように、ぴりっと身が引き締まるような寒さのさまから。

【類義語】

【対義語】

【英語訳】
bitterly cold

bitterlyは「身をきるように」という意味の形容詞。
英文例
この冬は寒気凛冽だ。This winter is bitterly cold.

寒気凛冽(かんきりんれつ)の使い方

ともこ
健太くん、なにその格好。雪だるまみたいになってるわよ
健太
だってめちゃくちゃ寒いんだもん。ともこちゃんは平気なの?
ともこ
私も寒いわよ。今年は寒気凛冽よね、まったく
健太
でも薄着だよね。寒さに強いの?

寒気凛冽(かんきりんれつ)の例文

  1. 今年の冬は、連年に比べてもかなり寒い。その中でも今日は特段に気温が低く、息も凍りそうだ。こんなに寒気凛冽な日が続くと、外出するのが嫌になる。
  2. 沖縄出身の私は、出張で冬の釧路に行ったのだが、信じられないくらい寒くて大変だった。地元の人に話を聞くと、まったく普通の気温だというが、私には寒気凛冽としか思えなかった。
  3. 夏が好きか、冬が好きかという話はよく聞くが、私は断然夏が好きだ。もともと暑さに強くて寒さに弱い体質もあるのだが、冬の寒気凛冽な日には肩こりがひどくなり、とても耐えられないからだ。
  4. 北海道で暮らしていると、必然的に寒さに強くなる。しかし、実は夏もめちゃくちゃに暑くて、35度をこえることもあるくらいだ。そんなときには、冬の寒気凛冽が懐かしくなる。
  5. 新婚旅行は、オーロラを見るために北欧に行った。何日も粘って、やっとオーロラを見られた時にはすごく感動したが、それにしても寒気凛冽すぎて、まっている間が辛かった。

まとめ

「凛冽」は氷に触れたように、ぴりっと身が引き締まるような寒さのさまから、寒気凛冽(かんきりんれつ)は、寒さの非常に厳しいことを意味する言葉となりました。南国出身の人には、きっと北海道の冬は寒気凛冽(かんきりんれつ)過ぎて、過ごすのが辛いでしょう。しかし、夏があまりに暑いと、寒気凛冽(かんきりんれつ)が恋しくなるのは、わがままでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事