偕老同穴【かいろうどうけつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語・英語訳)

【四字熟語】
偕老同穴

【読み方】
かいろうどうけつ

【意味】
夫婦の仲がよいことのたとえ。仲のむつまじい夫婦の関係を結ぶこと。

【語源由来】
夫婦が共に老い、同じ墓に葬られるという意味から。「偕」は共に、「穴」は墓という意味。

【典拠・出典】
詩経』「王風・大車」

【類義語】
比翼連理(ひよくれんり)
琴瑟調和(きんしつちょうわ)
鴛鴦之契(えんおうのちぎり)
・琴瑟相和(きんしつそうわ)
形影一如(けいえいいちにょ)

【英語訳】
happy life partnership
venus’s flower basket


偕老同穴(かいろうどうけつ)の使い方

ともこ
健太くんは、将来のお嫁さんになる人に出会ったとき、どんなプロポーズをするつもりなの?
健太
僕は、もう決めているんだ。偕老同穴の契りを結ばないか?っていうつもりだよ。
ともこ
へえ。ちゃんと言葉の意味を理解して、結婚してもらえると良いわね。
健太
大丈夫だよ。僕のお嫁さんになる人だから。

偕老同穴(かいろうどうけつ)の例文

  1. 高砂の松に並んだ尉と姥のように偕老同穴を全うしたいと、その夜の二人は、心の底からそう思った。
  2. 彼は偕老同穴、今の奥さんと生涯必ずいっしょに暮すのだと、それほど志操堅固なことを考えているわけではない。
  3. 彼は三人の女性にそれぞれの存在を秘密にして、偕老同穴を誓っているのだが大丈夫なのだろうか。
  4. 彼女は夫の訃報を聞き、「あなたと偕老同穴の契りを結びましたのに、あなたが先に死んでしまうなんて」とショックを受け、気を失ってしまった。
  5. 偕老同穴、共白髪を契り合った夫婦だと、一生を共にするので、いちいち献身的につくしていると身が保もたないが、期限つきの同居だと、懸命につくす気がおきる。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索