見微知著【けんびちちょ】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
見微知著

【読み方】
けんびちちょ

【意味】
芽生えを見て、全体の姿をつかむという意味から、少しの手掛かりから全体の方向や本質を見抜くこと。


見微知著(けんびちちょ)の使い方

健太
ともこちゃん。もっとゆっくり教えてくれない?
ともこ
私がやっているのをよく見て、見微知著すればいいのよ。
健太
そんなこと言われても、職人技過ぎて少しの手掛かりも得られないよ。
ともこ
しょうがないなあ。

見微知著(けんびちちょ)の例文

  1. ともこちゃんは、見微知著するのが上手なので、事件の捜査にむいているはず。
  2. 健太くんは、会話から見微知著して、その人の好みを見抜き、おすすめの本を紹介することができる。
  3. 見微知著の天才であるともこちゃんは、その人の仕草や手を見て職業を当てることができるんだ。
  4. 健太くんは、先輩の指示待ちではなく、自ら見微知著し、仕事を見つけ出していく。
  5. ともこちゃんは、見微知著し、問題を解決していく。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事