金襴緞子【きんらんどんす】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
金襴緞子

【読み方】
きんらんどんす

【意味】
金襴や緞子。また、高価な織物。

「金襴」は、織物の名。錦の類で、繻子の地に平金糸を織り、絹糸で模様を表したもの。「襴」は、着物の一種。「緞子」は、練った絹糸で織った、暑くてつやのある上等の絹織物。

金襴緞子(きんらんどんす)の使い方

健太
ともこちゃんの帯すごくきれいだね。
ともこ
分かる?金襴緞子の帯なのよ。
健太
へえ。買ってもらったの?
ともこ
おばあちゃんのを貸してもらったの。いつか譲ってもらうんだ。

金襴緞子(きんらんどんす)の例文

  1. ともこちゃんが手に取った本は、表紙が金襴緞子で装丁された豪華なものだった。
  2. ともこちゃんは、金襴緞子の着物よりもジャージでいる方が楽で好きだ。
  3. 金襴緞子の旗が翻っている。
  4. 健太くんは、金襴緞子の和服を着た女性に見とれている。
  5. ともこちゃんは、金襴緞子でオーダーメイドの洋服を作らせた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事