牛刀割鶏【ぎゅうとうかっけい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
牛刀割鶏

【読み方】
ぎゅうとうかっけい

日本漢字能力検定
3級

【意味】
ちょっとしたことに、無駄に大きな手段を使って処理すること。 「鶏を割くに焉んぞ牛刀を用いん」を略した言葉。

【語源・由来】
「論語」陽貨より。牛をさばくための牛刀を使って鶏をさばくという意味から。

【類義語】
・割鶏牛刀(かっけいぎゅうとう)

【スポンサーリンク】

牛刀割鶏(ぎゅうとうかっけい)の使い方

ともこ
健太くん。あんなに近いコンビニまで行くのにタクシーに乗っていく気なの?
健太
うん。歩くのは面倒でしょう?
ともこ
牛刀割鶏よ。このくらいの距離を面倒くさがっていたら、いつか太るわよ。しかもタクシーを呼ぶ方が面倒じゃないの。
健太
太るのは嫌だなあ。

牛刀割鶏(ぎゅうとうかっけい)の例文

  1. この程度の計算に計算機を使うのは牛刀割鶏です。
  2. こんな雑事で優秀なともこちゃんの手を煩わせることはない、牛刀割鶏です。
  3. 花壇を掘り起こすのにショベルカーを使うなんて牛刀割鶏、スコップでいいよ。
  4. うちは家族が少ないから食器洗浄機なんて牛刀割鶏、手洗いで十分です。
  5. これくらいの揉め事に先生を呼んでくるなんて牛刀割鶏、僕たちだけで解決できるでしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事