一世木鐸【いっせいぼくたく】の意味と使い方の例文(語源由来)

スポンサーリンク

【四字熟語】
一世木鐸

【読み方】
いっせいぼくたく

「いっせいのぼくたく」とも読む。
日本漢字能力検定
準1級

【意味】
世の中の人々を、教え導く人。社会の指導者。新聞の論説委員などの敬称、また自称。

【語源由来】
「論語」より。木鐸は、金属製の鈴で、中の舌が木で作られているもの。古代、法令を伝達するとき、振り鳴らして民衆を集めた。孔子を世間の木鐸になぞらえていったことば。

【スポンサーリンク】

一世木鐸(いっせいぼくたく)の使い方

健太
ともこちゃんは人望が厚いから、一世木鐸になれるよ。
ともこ
そうかしら?もうすぐ生徒会役員の選挙があるから出馬してみようかしら。
健太
いいんじゃないかな。当選したら、学校の宿題をなくしますって公約したらいいよ。
ともこ
そんな公約をしたら、正しく生徒を導く指導者になれないわ。

一世木鐸(いっせいぼくたく)の例文

  1. 一世木鐸たる人物は、日本にはいないのでしょうか。
  2. 先生は、ひいきや差別をすることなく、一世木鐸として僕ら生徒を導いてくれました。
  3. マスコミは社会の一世木鐸であるべきです。
  4. 健太くんは、勉強はできないけれども、皆に信頼されていて、一世木鐸たる存在です。
  5. 一世木鐸のともこちゃんがいなかったら、このクラスは崩壊していたでしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事