鴻門玉斗【こうもんのぎょくと】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
鴻門玉斗

【読み方】
こうもんのぎょくと

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
漢の高祖劉邦が、鴻門で楚の項羽の家臣である范増に贈った玉製のひしゃくのこと。

【語源・由来】
曾鞏「虞美人草」より。劉邦と楚の項羽が鴻門で会見した際、劉邦が項羽の家臣である范増に玉斗を一双贈ったが、范増は剣を抜いてこれを打ち砕き、劉邦を取り逃がしたことを残念がったという故事から。「玉斗」は玉製の酒を飲むひしゃくのこと。

【スポンサーリンク】

鴻門玉斗(こうもんのぎょくと)の使い方

健太
今日の授業がよく分からなかったんだけど、何で劉邦は鴻門玉斗を范増に贈ったの?
ともこ
捧げものをして、その場を辞することを謝罪するためよ。一刻も早く自分の陣に戻らないと劉邦自身の命が危ないと思ったからなのよ。先生の話を聞いていなかったわね?
健太
ちょうどその説明をしているときに、校庭に竜巻が起きていて、見入ってしまったんだよ。
ともこ
よそ見をしていると、先生に目を付けられて、次の授業から集中的に当てられるわよ。

鴻門玉斗(こうもんのぎょくと)の例文

  1. テレビドラマでちょうど鴻門之会の場面をやっていたのですが、范増が鴻門玉斗を砕いた瞬間、もったいないと叫んでしまいました。
  2. 項羽は飲み会の席で劉邦を殺すことを拒否したため、范増は鴻門玉斗を叩き壊し怒りました。
  3. 范増は鴻門玉斗を粉々にし、甘い項羽はいずれ劉邦に負けると予言しました。
  4. 劉邦は、鴻門玉斗を范増に贈り、逃げ道を作ろうとしました。
  5. プライドばかり高い無能な上司を持った范増は、怒り狂って鴻門玉斗を粉々にしました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事