屹然特立【きつぜんとくりつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
屹然特立

【読み方】
きつぜんとくりつ

【意味】
山などが一際高くそびえるさま。
屹然」は、山などの高くそびえるさま。独立して人に屈しないさま。毅然。「特立」は、衆にぬきんでていること。他にたよらないこと。

【語源・由来】
『文選』王延寿「魯霊光殿賦」


屹然特立(きつぜんとくりつ)の使い方

ともこ
健太くん。電車を降りてから登る山がどこにあるのか調べなくてもいいの?
健太
いいんだよ。屹然特立した山らしいから。
ともこ
目立っているのね。
健太
そうなんだ。屹然特立した登り甲斐のある山だそうだよ。

屹然特立(きつぜんとくりつ)の例文

  1. 東京スカイツリーは、屹然特立しているので、埼玉県からでも見える。
  2. 富士山は屹然特立した日本一の山だ。
  3. あそこに屹然特立しているタワーマンションが健太くんの家だよ。
  4. 昔は屹然特立していたんだけど、高層ビルが増えて普通のビルになってしまったね。
  5. 建設予定のドバイ・シティ・タワーは、2400mと世界一高い、屹然特立したビルになるでしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事