則天去私【そくてんきょし】の意味と使い方の例文(語源・英語訳)

スポンサーリンク

【四字熟語】
則天去私

【読み方】
そくてんきょし

【意味】
小さな私にとらわれず、身を天地自然にゆだねて生きて行くこと。

【語源・由来】
夏目漱石が晩年理想とした心境。「則天」は天地自然の法則や普遍的な妥当性に従うこと。「去私」は私心を捨て去ることから。

【英語訳】
live naturally

naturallyは「自然の法則に則って」という意味の副詞。
英文例
則天去私が私の理想だ。My ideal is living naturally.
【スポンサーリンク】

則天去私(そくてんきょし)の使い方

ともこ
どうしたの?なんだか元気がないわね
健太
野球の試合ですごいエラーをしちゃってさ。この間のテストも散々だったし、なんかもう、ね
ともこ
調子が悪い時は誰にもあるわよ。気にしないで則天去私で構えた方が気が楽よ
健太
ありがとう。誰かに励ましてもらえると、ちょっと気分が軽くなるよ

則天去私(そくてんきょし)の例文

  1. 私が大好きなその作家は、生きることの意味を徹底的に掘り下げる作風が魅力だった。晩年の彼がたどり着いた境地は則天去私で、体の力を抜いてフラットに、楽に生きることだった。
  2. 会社でいろいろなゴタゴタがあって、働くのがすっかり嫌になった私は、長期休暇をとって禅寺に篭ってみた。静かな環境で気持ちを落ち着けるとだんだん則天去私の心境になり、随分と気が晴れた。
  3. 落ち込むことがあったときは、空を見上げて大きく深呼吸を3回、するようにしている。そうするとなんだか前向きな気分になって、少しだけ則天去私に近づいた気になる。
  4. 小さなことでもクヨクヨと悩む癖がある私にとって、則天去私の心境は憧れだ。どうすればそう思えるのか、誰かに教えて欲しい。
  5. 則天去私の域に達するには、まずはいろんな経験を積んで、人間として成長する必要がある。

まとめ

「則天」は天地自然の法則や普遍的な妥当性に従うこと、「去私」は私心を捨て去ることから、則天去私(そくてんきょし)は、小さな私にとらわれず、身を天地自然にゆだねて生きて行くことを意味する言葉となりました。夏目漱石の晩年が、則天去私(そくてんきょし)の心境だったと言われています。則天去私(そくてんきょし)になるためには、きっと色々な経験を積む必要があるのでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事