張三李四【ちょうさんりし】の意味と使い方の例文(類義語・語源・英語訳)

【四字熟語】
張三李四

【読み方】
ちょうさんりし

【意味】
ありふれた平凡な人のたとえ。
どこにでもいるような普通の人のこと。
一般大衆。
ありふれていてつまらないもののこと。

【語源・由来】
張氏の三男、李氏の四男の意味で、中国では「張」と「李」という姓はありふれた名前で、三男や四男は重要視されないという意味が由来です。
日本なら、佐藤さん、鈴木さんに当たるでしょうか。落語などでは熊さん、八っつあんにあたります。

【類義語】
張王李趙(ちょうおうりちょう)
張甲李乙(ちょうこうりいつ)
張三呂四(ちょうさんりょし)

【英語訳】
the common run of men
the average Joe
good-for-nothing

【スポンサーリンク】

張三李四(ちょうさんりし)の使い方

ともこ
うちのクラスメイトはあまり特徴のない人が多いよね。
健太
うん、誰も目立とうとしないし、みんな普通の人が多いかも。
ともこ
まさに張三李四の人ばかりだね。
健太
もう少し、人と違った人がいたほうが楽しいのにね。

張三李四(ちょうさんりし)の例文

  1. あなたは私と同様、張三李四の人なので、平凡な人生が待っています。
  2. 学校の勉強やスポーツも苦手だし、単なる張三李四としてありふれた人生に違いない。
  3. 読み込みが悪い、張三李四の中で話しても、この話に発展性がないかもしれない。
  4. 張三李四なクラスメイトが多い中、小林だけは頭のキレが全く違った。
  5. この時期に企業トップの求人募集しても、張三李四の人しか集まらないのではないか。

まとめ

中国で一般的な姓は「李」さん、「張」さんですが、この2つよりも多い姓があります。それが「王」さんです。
日本では元プロ野球監督の王貞治さんが有名ですが、中国で一番多い姓だそうです。
しかし、驚きなのがその数の多さです。「王」さん、「李」さん、「張」さんがそれぞれ中国国内で1億人弱の数がいるそうです。
ちなみに日本では1位が佐藤さん、2位が鈴木さん、3位が高橋さん、4位が田中さんだそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事