彦倫鶴怨【げんりんかくえん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
彦倫鶴怨

【読み方】
げんりんかくえん

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
彦倫が北山から去り、俗人となっては、ツルも恨み悲しむだろうと、孔稚珪(こうちけい)が揶揄したこと。

【語源・由来】
「文選」孔稚珪「北山移文」より。


彦倫鶴怨(げんりんかくえん)の使い方

健太
ともこちゃんのお父さんは偉いね。被災地に必要な物資を届けに行ったんでしょう?
ともこ
うん。お金を募金するだけじゃあ、いつどうやって被災者に届くか分からないし、彦倫鶴怨だって言って、必要な人に必要なものを届けに行ってくるって現地に向かったわ。
健太
それは素晴らしい考えだね。年齢や性別によって必要なものが違うもんね
ともこ
うん。一人でも多くの人に支援が届くと良いな。

彦倫鶴怨(げんりんかくえん)の例文

  1. 自己満足のために人に親切にする彼女は、彦倫鶴怨です。
  2. インターネット上で匿名で個人を批判する人たちは彦倫鶴怨です。
  3. 自分が正義だと思いこんでいる彼は彦倫鶴怨です。
  4. 自分の過去の罪を償うために善い行いをしようとしている健太くんは彦倫鶴怨だ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事