虚実混交【きょじつこんこう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
虚実混交

「虚実混淆」とも書く。

【読み方】
きょじつこんこう

【意味】
うそとまことが入り交じっていること。

「虚実」は、うそとまこと。「混交」は、入り交じっていること。

【類義語】
・幻詭猥雑(げんきわいざつ)


虚実混交(きょじつこんこう)の使い方

健太
ともこちゃん。宇宙人って本当にいるんだって。行方不明になっている人は、大抵、宇宙人の仕業らしいよ。
ともこ
それはどこから得た情報なの?
健太
ネットニュースに書いてあったんだ。
ともこ
ネットニュースは虚実混交だから、鵜呑みにしてはいけないわ。

虚実混交(きょじつこんこう)の例文

  1. 健太くんの発言は、虚実混交なので、真剣に聞かない方が良い。
  2. 虚実混交を見極める目を持たないと、情報化社会で生き残ることはできない。
  3. 健太くんが作る校内新聞は虚実混交、でっちあげ記事が多い。
  4. 詐欺師は、虚実混交、嘘の中に少しの真実を混ぜて、相手を信じさせる。
  5. 井戸端会議に出てくる噂は虚実混交だから、鵜呑みにしないようにしている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事