吃喝嫖賭【きっかつひょうと】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
吃喝嫖賭

【読み方】
きっかつひょうと
【意味】
食べること・酒を飲むこと・女性と遊ぶこと・賭博の四道楽。

「吃」は、食べること。「喝」は、飲むこと。「嫖」は、女性と遊ぶこと。「賭」は、ばくち。

吃喝嫖賭(きっかつひょうと)の使い方

健太
ともこちゃーん。帰る家が無くなってしまったんだよ。
ともこ
今、どうしているの?
健太
公園の土管に住んでいるんだ。父さんが吃喝嫖賭の道楽に溺れてしまって、借金のかたに取られてしまったんだよー。
ともこ
駄目なお父さんね。

吃喝嫖賭(きっかつひょうと)の例文

  1. 健太くんは、吃喝嫖賭を楽しんで、遺産を使い果たした。
  2. ともこちゃんは、吃喝嫖賭に興味がない男性と結婚しようと思っている。
  3. 健太くんは、吃喝嫖賭にはまった彼の父を反面教師にして、一切手を出していない。
  4. 結婚した健太くんは、吃喝嫖賭のすべてから足が遠のいた。
  5. 吃喝嫖賭におぼれた健太くんは、何もかもをなくしてしまった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事