流汗滂沱【りゅうかんぼうだ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
流汗滂沱

【読み方】
りゅうかんぼうだ

【意味】
汗が体中から流れ出て、したたり落ちること。

【語源・由来】
「流汗」は汗が流れ出ること。「滂沱」は勢いよく流れ落ちるということ。

【類義語】
・流汗淋漓(りゅうかんりんり)


流汗滂沱(りゅうかんぼうだ)の使い方

ともこ
あら。健太くん。流汗滂沱というように、シャワーを浴びた後みたいに汗をかいているわね。一人でトレーニングをしていたの?
健太
うん。大会が近いから自主トレをしているんだ。
ともこ
へえ。その熱心さを少し勉強に分けることができたらいいのにね。
健太
僕もそう思うよ。

流汗滂沱(りゅうかんぼうだ)の例文

  1. 自転車から降りた途端、まさに流汗滂沱、滝のように汗が流れ出てきました。
  2. あまりに暑くて、水分補給をしても流汗滂沱というように、汗が流れ出て止まらない。
  3. 風邪をひいて寝ていたら、夜中に流汗滂沱といった風に汗をかいて、パジャマがびしょびしょになりました。
  4. サウナで流汗滂沱するまで我慢しようとしましたが、途中で挫折しました。
  5. 夏の日差しの下でトレーニングしていた健太くんは、流汗滂沱していて、無言で勢いよく冷やしたお茶を飲んでいました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事