真帆片帆【まほかたほ】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
真帆片帆

【読み方】
まほかたほ

【意味】
多くの船が行き交うさま。

「真帆」は、追い風に直角に帆を張ること。「片帆」は、横風に対して斜めに帆を張ること。ともに、帆船が航行する際の帆の張り方の呼び名。

真帆片帆(まほかたほ)の使い方

ともこ
海に浮かんだ真帆片帆がきれいね。
健太
漁のために明かりをつけているから、幻想的だね。
ともこ
明日の私のご飯のために、たくさん釣れるといいわね。
健太
幻想的な景色から、急に現実的になったね。

真帆片帆(まほかたほ)の例文

  1. かつては真帆片帆がきれいに浮かぶにぎやかな港でした。
  2. この席なら真帆片帆を眺めながら食事ができます。
  3. 健太くんが描いた真帆片帆の絵は、とても美しい絵でした。
  4. 真帆片帆を眺めていると旅に出たくなります。
  5. 真帆片帆が浮かぶ海に、今太陽が沈もうとしています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事