流汗淋漓【りゅうかんりんり】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
流汗淋漓

【読み方】
りゅうかんりんり

【意味】
汗が体中から流れ出て、したたり落ちること。

【語源・由来】
「流汗」は汗が流れること、「淋漓」は水や血や汗がしたたるという意味。

【類義語】
・流汗滂沱(りゅうかんぼうだ)


流汗淋漓(りゅうかんりんり)の使い方

ともこ
健太くん。タオルでふかないと、流汗淋漓というように、汗でびしょびしょじゃないの。
健太
そうなんだよ。さっきから汗が目に入って痛いんだ。
ともこ
タオルはどうしたの?
健太
それが急いでランニングしに家を出たから、タオルを忘れてしまったんだよ。このまま家まで走って帰って、シャワーを浴びることにするよ。

流汗淋漓(りゅうかんりんり)の例文

  1. 我が家にはクーラーがないから、夏の間は、連日、流汗淋漓状態だった。
  2. 健太くんと温室の草むしりをしていたら、流汗淋漓というように、滝のように汗が出てきました。
  3. 猛暑日に、一日中営業で外回りをしていたので、流汗淋漓で汗臭い。
  4. 健太くんは太っているので、真冬でも半袖で、流汗淋漓というように汗が流れ出ています。
  5. 悩んでいるときに、ランニングをして、流汗淋漓というように大量に汗を流すとさっぱりします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事