流言飛語【りゅうげんひご】の意味と使い方の例文(類義語)

スポンサーリンク

【四字熟語】
流言飛語

「流言蜚語」とも書く。

【読み方】
りゅうげんひご

【意味】
根拠のない噂話のこと。「流言」と「蜚語」はどちらも世の中に飛び交うでたらめな話という意味。

【類義語】
造言蜚語(ぞうげんひご)
蜚流之言(ひりゅうのげん)
風言風語(ふうげんふうご)
流言飛文(りゅうげんひぶん)
流言流説(りゅうげんりゅうせつ)

【スポンサーリンク】

流言飛語(りゅうげんひご)の使い方

ともこ
健太くんが大好きなあのアイドルが引退するらしいわよ。
健太
そんなの流言飛語だって。あの子が辞めたら事務所が困るでしょう?
ともこ
その芸能事務所ともめているらしいわよ。
健太
絶対、流言飛語だよ。あんないい子が、事務所ともめるわけがないじゃないか。

流言飛語(りゅうげんひご)の例文

  1. 流言飛語の中には、根も葉もないのもあるにはあったけれども、大体の輪郭において、後に判った真相と、よく一致しているものもある。
  2. 流言飛語が盛んになっていたこともあり、人心に不安が高まりました。
  3. 銀行が倒産するという流言飛語のせいで、口座を解約する人が殺到しました。
  4. 流言飛語のせいで左遷される羽目になりました。
  5. なぜなのかわかりませんが、このデパートに爆弾が仕掛けられているという流言飛語が飛び交いました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事