直截簡明【ちょくせつかんめい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】
直截簡明

【読み方】
ちょくせつかんめい

【意味】
くどくどしくなくきっぱりしていること。また、そのさま。文章や人の性質などを評していう。

【語源・由来】
「直截」はすぐに裁決する、きっぱりしているという意味。

【類義語】
・単純明快(たんじゅんめいかい)

【対義語】
・婉曲迂遠(えんきょくうえん)


直截簡明(ちょくせつかんめい)の使い方

ともこ
健太くん。何を書いているの?
健太
次の空手部の部長に引き継ぎのための文章を書いているんだよ。
ともこ
へえ。これは直截簡明で分かりやすいわね。
健太
この空手部の伝統を引き継いでいってほしいからね。僕は労力を惜しまないよ。

直截簡明(ちょくせつかんめい)の例文

  1. 電気製品に弱い私にも直截簡明な説明書で分かりやすかったです。
  2. 健太くんは直截簡明な性格で、ずばりと言うその言葉は時に人を傷つけます。
  3. 直截簡明に言わせてもらうならば、健太くんはもっと努力をしたほうがいいと思う。
  4. ここは直截簡明な言葉ではなく、婉曲な表現で平和的解決を試みましょう。
  5. ともこちゃんにダークマターについて質問をしたら、直截簡明な説明でわかりやすく教えてくれました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事