才芸器量【さいげいきりょう】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
才芸器量

【読み方】
さいげいきりょう

【意味】
人間の才知や度量。

「才芸」は、才知と技芸。「器量」は、才能と度量。

才芸器量(さいげいきりょう)の使い方

健太
来年から、才芸器量でクラス分けをするんだって。
ともこ
へえ。すごいことをするわね。それで、なんで健太くんは泣いているの?
健太
才芸器量でクラス分けをしたら、僕とともこちゃんは間違いなく別々のクラスになるじゃないか。
ともこ
同じクラスがいいのなら、もっと勉強に励むことね。

才芸器量(さいげいきりょう)の例文

  1. みなさんの才芸器量を測るために、特別な試験をします。
  2. ピアノが好きならば、才芸器量に応じて、全員この音楽学校に入学できると発表した。
  3. 才芸器量に高低差があっても、みんな違ってみんないい。
  4. 学力テストで、真の才芸器量を知ることができるとは思えない。
  5. 健太くんは才芸器量が優れた人なので、きっと将来大物になるでしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事