才学博通【さいがくはくつう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
才学博通

【読み方】
さいがくはくつう

【意味】
学問に広く通じていること。

「才学」は、学問。「博通」は、広く通じていること。

【類義語】
・該博深遠(がいはくしんえん)
・広才博識(こうさいはくしき)
・博学偉才(はくがくいさい)
・博学広才(はくがくこうさい)
・博学才穎(はくがくさいえい)
・博学卓識(はくがくたくしき)
・博学多才(はくがくたさい)
・博学多識(はくがくたしき)
・博学能文(はくがくのうぶん)
・博識多才(はくしきたさい)
・博聞強記(はくぶんきょうき)
・博覧強記(はくらんきょうき)
・博覧多識(はくらんたしき)


才学博通(さいがくはくつう)の使い方

健太
ともこちゃんは才学博通だから、受験に対して何の心配もないよね。
ともこ
そうでもないのよ。
健太
そうなの?だって、最難関の学校でも余裕でしょ?
ともこ
アメリカの有名校に入学しようと思っているから、余裕は全くないわ。

才学博通(さいがくはくつう)の例文

  1. ともこちゃんは才学博通だったので、先生がともこちゃんに質問する場面もありました。
  2. 才学博通な健太くんは、生き字引と呼ばれています。
  3. もこちゃんは、自他共に求める才学博通なのだが、飛び級で大学に入学するそうだ。
  4. 才学博通である健太くんは、NASAから声がかかっているという噂だ。
  5. ともこちゃんの才学博通ぶりは有名だったので、彼女がノーベル賞を受賞したと聞いても、皆、驚かず納得した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事