明快闊達【めいかいかったつ】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
明快闊達

【読み方】
めいかいかったつ

【意味】
明るくさっぱりとしていて心が広く、小さいことにこだわらないこと。

「明快」は、明るくて気持ちのよいこと。また、文章・思想・議論などが、はっきりしていてわかりやすいこと。「闊達」は、心が広くて、小事にせこせこしないこと。「闊」は、広い。

【類義語】
・闊達豪放(かったつごうほう)
・闊達自在(かったつじざい)
・闊達無碍(かったつむげ)
・豪放闊達(ごうほうかったつ)


明快闊達(めいかいかったつ)の使い方

健太
ともこちゃん。この前はごめんね。
ともこ
気にしないで。私も気にしていないから。
健太
ともこちゃんは明快闊達で本当に良い子だね。
ともこ
褒めてくれてありがとう。

明快闊達(めいかいかったつ)の例文

  1. 明快闊達なともこちゃんは、後輩に愛されている。
  2. 健太くんの明快闊達さが、重く暗い空気を変えた。
  3. 明快闊達であるともこちゃんは、あまりくよくよしない。
  4. 明快闊達な健太くんが来ると、子どもたちが喜んで集まってくる。
  5. ともこちゃんは明快闊達で、老若男女問わず信頼されている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事