山岳重畳【さんがくちょうじょう】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
山岳重畳

【読み方】
さんがくちょうじょう

【意味】
山々が幾重にも連なっていること。


山岳重畳(さんがくちょうじょう)の使い方

健太
ともこちゃん。山岳重畳たる立山連峰を見てよ。
ともこ
すごくきれいね。さっき聞いたんだけど、こんなにきれいな青空の日はあまりないんだって。
健太
ラッキーだったね。こんなにラッキーだったら、雷鳥を見ることができるかもしれないね。
ともこ
そうね。見ることができたら思い残すことはないわね。

山岳重畳(さんがくちょうじょう)の例文

  1. 健太くんの家は、山岳重畳、山また山の県境にあった。
  2. ともこちゃんが撮影した山岳重畳は、南アルプスですね。
  3. 穂高の山岳重畳は、多くの登山客を魅了し、日本三大岩場の一つとして数えられている。
  4. 雄大な山岳重畳を見ていると、自分の悩みがちっぽけに思えてくる。
  5. あの泣き虫健太くんが、この立派で神々しい山岳重畳に登っているなんて、泣き言ばかり言ってないかしら。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事