寡聞浅学【かぶんせんがく】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
寡聞浅学

【読み方】
かぶんせんがく

【意味】
学問や知識が浅く、経験が少ないこと。

「寡聞」は、見聞が狭く浅いこと。謙遜していうときの語。「浅学」は、学問や知識が未熟なこと。また、その人。自分のことをへりくだっていう語。

寡聞浅学(かぶんせんがく)の使い方

ともこ
健太くん。これはどうしたらいいと思う?
健太
寡聞浅学な僕が口をはさむなんておこがましいよ。
ともこ
そんなことないわよ。何でもいいから意見を言ってよ。
健太
困ったなあ。

寡聞浅学(かぶんせんがく)の例文

  1. 寡聞浅学である僕の発言は、みなさんを絶望させることでしょう。
  2. 自分が寡聞浅学だということを忘れて意見してしまい、案の定大笑いされた。
  3. 貧しくて学校にも行けず寡聞浅学な自分など意見する立場にございません。
  4. 寡聞浅学な私のアイディアよりもともこちゃんのアイディアを見てみましょう。
  5. 寡聞浅学なので存じません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事