性行淑均【せいこうしゅくきん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】
性行淑均

【読み方】
せいこうしゅくきん

【意味】
性質や行為が善良で片寄っていないさま。性質がひねくれておらず、行動も片寄りのないこと。

【語源・由来】
「性行」は性質と行動、「淑均」はしとやかで公平なこと。

【典拠・出典】
諸葛亮「前出師表」


性行淑均(せいこうしゅくきん)の使い方

健太
ともこちゃんは、性行淑均な女の子だけど、ご両親もそうなの?
ともこ
そうね。両親は娘の目から見ても性行淑均だと思うわ。
健太
子供は親の背中を見て育つって本当だね。
ともこ
おじいちゃんもおばあちゃんも性行淑均の人として有名だったから、生粋の性行淑均よ。

性行淑均(せいこうしゅくきん)の例文

  1. 性行淑均で勉強熱心な彼は、裁判官に向いているんじゃないかと思います。
  2. 健太くんは性行淑均な人なので、ひいきなどしないので後輩たちに慕われています。
  3. ともこちゃんは性行淑均で、思想が偏らず常に中立であり続けています。
  4. このクラスには、性行淑均な人が大勢いるので、いじめなど起こりません。
  5. 性行淑均な人が人事部長なので、毎回とても公正な人事で、不満は一切出ません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索