無学文盲【むがくもんもう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
無学文盲

【読み方】
むがくもんもう

日本漢字能力検定
2級

【意味】
学問がなく、字も読めないこと。また、その人。

【類義語】
・一文不通(いちもんふつう)
・一文不知(いちもんふち)


無学文盲(むがくもんもう)の使い方

ともこ
健太くん。このページのここの漢字を読むことができる?
健太
僕は無学文盲だから、そんな難しい漢字どころか簡単な漢字も読むことはできないよ。
ともこ
じゃあ、この漢字辞典で調べないといけないわね。
健太
そんな便利なものがあるなら、無学文盲な僕に聞く前に調べたほうよかったんじゃないかな。

無学文盲(むがくもんもう)の例文

  1. 無学文盲な私から、こんな優秀な子が生まれるなんて、まさにトンビが鷹を生むっていうやつですよね。
  2. 僕は無学文盲だから、学校一優秀なともこちゃんに尋ねたほうがいいですよ。
  3. 無学文盲な国民を一人でも多くなくし、平等に学ぶ機会を与えるために、義務教育の制度を作りました。
  4. 国民が無学文盲だと、政治家にとっては操りやすくて都合がいいんです。
  5. 無学文盲なままでは見えなかった世の中の仕組みが、学問を学ぶことで見えてきた気がします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事