羨望嫉妬【せんぼうしっと】の意味と使い方や例文

【四字熟語】
羨望嫉妬

【読み方】
せんぼうしっと

【意味】
うらやんでねたむこと。

【典拠・出典】

「羨望」は、うらやましく思うこと。「嫉妬」は、自分よりすぐれたものをねたみそねむこと。

羨望嫉妬(せんぼうしっと)の使い方

健太
最近、ともこちゃんへの誹謗中傷がひどいね。
ともこ
私の美貌と才能に対する羨望嫉妬による中傷だってわかっているから気にしていないわ。
健太
ともこちゃんは強いなあ。
ともこ
これからの時代は強くしなやかに生きていかないといけないのよ。

羨望嫉妬(せんぼうしっと)の例文

  1. 健太くんは、生まれたときから恵まれているともこちゃんに、羨望嫉妬の感情を抱いています。
  2. 田舎育ちの健太くんは、都会に、羨望嫉妬のような気持ちを感じてしまう。
  3. 先生にかわいがられているともこちゃんは、他の生徒から羨望嫉妬の目を向けられています。
  4. チャンスに恵まれているともこちゃんへの羨望嫉妬を原動力にして、健太くんは今までがんばってきました。
  5. ともこちゃんへの羨望嫉妬は、次第に憎悪に変わっていった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索