是耶非耶【ぜかひか】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
是耶非耶

【読み方】
ぜかひか

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
善悪の判断に迷うこと。

【語源・由来】
『史記』「伯夷伝」より。是であるのか非であるのか、是非がよく分からず迷うこと。「是非」(よいと悪い。善と悪。正と不正)に疑問の助字「耶」をつけた語。


是耶非耶(ぜかひか)の使い方

健太
ともこちゃん。夏休みの宿題が終わらないんだ。助けてくれないかな?
ともこ
ここで健太くんを助けることは、是耶非耶。うーん。私には判断がつかないわ。
健太
正しいに決まっているよ。困っている人は助けなさいって先生も言っているでしょう。
ともこ
でも、ここで健太くんの宿題を手伝ったら、健太くんは自分で勉強をしたことにならないわ。やっぱり手伝わないことに決めた!

是耶非耶(ぜかひか)の例文

  1. 是耶非耶迷っている時間はありませんでした。
  2. 僕には決められないので、是耶非耶、ともこちゃんに決めてもらいたいのです。
  3. 健太くんがとった行動は是耶非耶、健太くんにその理由を尋ねてみないことにはわからない。
  4. 熱心な指導による暴力は是耶非耶、今問題になっています。
  5. 道徳の時間に、クラスのみんなに是耶非耶問うてみました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事