鮮美透涼【せんびとうりょう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
鮮美透涼

【読み方】
せんびとうりょう

【意味】
鮮やかで美しく、清らかに澄んでいること。

【語源・由来】
「鮮美」は、鮮やかで美しいこと。「透涼」は、清く透き通っていること。

【典拠・出典】

【類義語】
八面玲瓏(はちめんれいろう)


鮮美透涼(せんびとうりょう)の使い方

健太
鮮美透涼なともこちゃんは、みんなのあこがれだね。
ともこ
そんなことないわよ。
健太
ともこちゃんを見かけた後輩たちが、鮮美透涼だねってさわいでいるのを見たよ。
ともこ
あんまり褒めないでよー。

鮮美透涼(せんびとうりょう)の例文

  1. 鮮美透涼なともこちゃんは、だれとでも仲良くなることができます。
  2. 健太くんのように鮮美透涼な人になりたい。
  3. ともこちゃんは鮮美透涼なので、周囲の人から信用されています。
  4. 鮮美透涼で円滑に人づきあいができるともこちゃんが憧れです。
  5. 健太くんは、鮮美透涼な女性と結婚したいと考えています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索