死生有命【しせいゆうめい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
死生有命

【読み方】
しせいゆうめい

「死生命有り」とも読む。
日本漢字能力検定
5級

【意味】
人の生き死には天命であり、人の力ではどうすることもできない。

【語源・由来】
『論語』「顔淵」より。


死生有命(しせいゆうめい)の使い方

健太
おじいちゃんががんで余命宣告をされたんだ。
ともこ
手術でどうにか治すことはできないの?
健太
それが、おじいちゃんがいうには、死生有命だからあがくのはやめる。延命措置はしない、残りの時間を楽しく過ごすっていっているんだ。
ともこ
楽しく過ごすうちに、がんの力より、生きたいという希望から、免疫力が勝るかもしれないわよね。

死生有命(しせいゆうめい)の例文

  1. 健太くんは、本当はかわいい妹が欲しかったようだけれども、死生有命だから仕方ない。
  2. 健太くんが亡くなって悲しいけれども、死生有命、それが彼の運命だったのでしょうね。
  3. 少子化対策をしても死生有命というように、人の手ではどうにもできないよ。
  4. 死生有命というのに、今、人の手によってデザイナーズベイビーが生まれたという噂が流れています。
  5. 患者さんの死に直面すると、死生有命、医師の無力さと同時に神様の偉大さを感じます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事