翻雲覆雨【ほんうんふくう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
翻雲覆雨

「雲翻雨覆」「覆雨翻雲」ともいう。
「翻」は「飜」とも書く。

【読み方】
ほんうんふくう

日本漢字能力検定
3級

【意味】
世の人の態度や人情がうつろいやすいことのたとえ。

【語源・由来】
杜甫の「貧交行」より。手のひらを上に向けると雲になり、下に向けると雨になる意で、人の心が簡単に変わることをいう。
「手を翻せば雲と作り手を覆せば雨」の略。


翻雲覆雨(ほんうんふくう)の使い方

健太
ともこちゃん、さっきまで笑っていたのに、何で怒っているのさ。
ともこ
健太くんがひどいことをいうからよ。
健太
女心は翻雲覆雨、本当に秋の空のようだね。
ともこ
女心がわからないから健太くんはもてないのよ。

翻雲覆雨(ほんうんふくう)の例文

  1. 批判していたかと思えば、絶賛してみたり、世の中の人たちの意見は翻雲覆雨であてにならないね。
  2. ファン心理は翻雲覆雨、ストーカーのように付け回したかと思えば、手の平を返すように冷たく突き放す。
  3. 翻雲覆雨な消費者の心理を先読みすることは難しい。
  4. 人の心は翻雲覆雨だから、しょうがないものと思っています。
  5. 人心は翻雲覆雨というから、いつまでもちやほやしてもらえると思わないほうがいいよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事